• キャノンの純正インクは他メーカーとどう違うか

    家庭用プリンターとして普及しているのがインクジェットプリンターです。インクジェットプリンターは本体価格が非常に安価でありながら高品質な印刷ができることで知られます。特にメーカーとしてはキャノンやエプソンが市場をほぼ二分しているのが現状です。このためインクジェットプリンターを購入するのであれば、キャノンかエプソンかといったケースも多いです。特にこの2つのメーカーはハイエンドモデルからエントリーモデルまで幅広くモデルを販売しており選択肢も豊富ですが、特にキャノンの方が一歩抜きん出いる傾向になります。この秘密としてはインクの良さがあります。インクジェットプリンターでは印刷する性能もさることながら、インクの品質も仕上がりに大きく影響してきます。

    純正と社外品の品質の違いについて

    インクジェットプリンターのメリットは、本体価格が安価であることですが一方でインクが非常に高いということが挙げられます。ただ実際には印刷する枚数から見ればランニングコストが高い傾向にはありますが、大量にインクを使用する高品質の印刷をするケースを除けば、ずば抜けて高いというわけではありません。特にハイエンド機では、その傾向が強くでています。ただ安価なエントリーモデルでは、交換用のインクを買うより新しいプリンターを買った方が安いといったことも言われることもあり、社外品のものが広く販売されています。しかし、社外品のものはやはり品質面で劣り、フルカラー印刷をしたさいにはその差が歴然と出てきます。このためプリンター本来の性能を得たい場合には純正品を選ぶ必要があります。

    キャノンの純正インクの特徴について

    純正品のインクのメリットとしてはプリンターがもつ本来の色を出すことができ、かつ耐久性が高いといったことがあります。特にキャノンの場合には、改良を続けており発色面での改善やインクの粒子の均一化などで、より高品質な印刷ができるように進化しています。他社でもインクの改良は行われていますが、ライバルのエプソンを除けば自社で改良しているところは殆ど無く、その点でも優れているといえますまたキャノンはプロからアマチュアまで幅広いデジタルカメラも販売しており、その点で写真プリントに対する見識が高い会社です。このためハイエンドプリンターと進化しているインクにマッチングした純正の高画質紙へのプリントであれば写真以上の高画質でのプリントが家庭でも行うことができます。